値段が手頃の中綴じ印刷で宣伝するのがベスト

印刷

自己紹介をかたちに

自己紹介をかたちにし、相手に会社や自分の名前などをかたちとして残せることが名刺のメリットです。自分のモチベーションとしても、会社名や役職名が入った名刺を持つことで上がると思います。デザインや印刷カラーによって料金は異なるので、見積りが重要となります。

ノベルティ

数と単価で勝負

ノベルティグッズは、普段使いができるような喜んでもらえるものを選ぶようにした方がいいです。また、できるだけコストをかけないように安くて大量生産できるものがべストと言えます。

グッズ

ノベルティの発注方法

販促目的でオリジナルグッズを作りたいときには、納入実績の多いノベルティ制作業者に相談するのがポイントです。ボールペンなどの定番のアイテムを選ぶ方法もありますが、配る対象に合わせて商品を使い分けるのが、宣伝効果を高めるコツです。

薄めの冊子で宣伝を

男の人

厚さも費用も丁度良い

宣伝のためには、説明や写真を記載したパンフレットやカタログを利用すれば、サービスや商品を効果的に紹介することができます。しかし、それらでは薄すぎたり、費用がかかりすぎたりしますので、自分たちの宣伝方法としては向いていないと考える場合もあるでしょう。そのときに役に立ってくれるのが、パンフレットとカタログの中間ともいえる、中綴じ印刷で作った冊子での宣伝です。この方法は、二枚に折った紙を複数重ねて針金で中綴じするものなので、接着剤でくっつけるよりも、費用はずっと安く済ませられます。もちろん、他の印刷方法と同じく、中綴じ印刷も業者が作成をおこなってくれますので、利用したいのなら依頼をしましょう。もしも、中綴じ印刷を業者に頼むならば、まずは宣伝に必要とするページ数を考えなければいけません。それは、この方法では針金を利用するため、作成できる厚さには限界があるからです。そして、業者によって設定できるページ数には違いがありますので、自身の条件を満たすところを選ばなくてはいけないのです。なお、ページ数は中綴じ印刷を行なう上で重要な条件のため、業者のホームページに訪れれば必ず記載があります。そして、必要なページ数を印刷してくれる業者を見つけたのならば、次は中綴じ印刷の見積もりを頼むことをオススメします。現在ではオンライン上から見積もりが簡単におこなえますので、色々と比較して、ベストな中綴じ印刷業者の選択しましょう。